よしふくの友 friends

よしふくの友

 
吉城福祉会
 
平成30年7月21日(土)
吉城福祉会 設立15周年記念福祉講演会
 場所:飛騨文化交流センター  15:00~

 

金澤泰子さん・金澤翔子さん
演題:「共に生きる」
平成30年7月21日(土)に、法人設立15周年記念福祉講演会を開催させていただきました。猛暑の中にもかかわらず、多数の皆様のご来場を頂き、また都竹飛騨市長にもお忙しい中お越しいただき、ご祝辞を賜りました。誠に有り難うございました。

記念講演会は、『共に生きる』とのテーマで、講師に書家の金澤泰子さん・翔子さんをお招きさせていただきました。
700名のご来場者の皆さんで満席となった会場が静まり返る中、翔子さんに『共に生きる』と席上揮毫していただき、講演会がスタートしました。
その後、泰子さんと翔子さんの母娘ミニトークで会場が和んだ後、泰子さんによる講演が始まりました。泰子さんが42歳の時に翔子さんを授かりましたが、生後まもなくダウン症であると知らされたそうです。絶望で日々涙に暮れていた当時の心境を吐露された上で、今日まで書を通じて歩んでこられた翔子さんと母娘の葛藤やご自身の思い、また翔子さんの努力など、幸福感に溢れる毎日を送る現在の生活に至るまでの軌跡などを語られ、苦しい闇に落ち込む時はあっても、必ず明るく大きな光は差し込みますとお話しになられました。
講演会の最後は、翔子さんによるマイケルジャクソンの曲に合わせたダンスとボイスパーカッションによるパフォーマンスを披露され、会場全体が温かい空気と大きな感動の拍手に包まれる中、記念講演会は終了しました。

わたくしども吉城福祉会は、「互助の精神のもと、住み慣れた地域で、四季を通じ、すべての住民が地域社会の一員として、変わりなく健やかで生きがいのある生活をおくることができるよう、住民の福祉の増進に寄与する。」との理念のもと、皆様方のご支援のお陰をもちまして、本年、設立15年目の節目の年を迎えることができました。本当に有り難うございました。
本日の記念講演会を契機に、今後も飛騨市の福祉の発展・充実と、真の共生社会の実現に向けて、職員一同、微力ではございますが尽力して参りますので、皆様方の変わらぬご理解とご指導を賜りますことを心よりお願い申し上げます。

15周年3
 
 
平成30年3月31日  17:30~18:30  ハートピア古川 集会研修室  
全従業者研修・全体会議
  • 法人を取り巻く環境について
  • 平成30年度事業運営の重点について
  • 平成30年度研修計画について
  • 倫理及び法令遵守法令遵守等について
​上記の説明を受ける。

    その後歓送迎会 (吉城福祉会にも10名の仲間が加わりました。)